Jul,12 2015 Equipments SemiPro 5'8

一昨年オーダーしたSemiPro、大分傷んできたので後継をオーダー。
ちょっと『前に出ない』感がある以外はまぁまぁ調子が良かったが、他の板も併用して乗っている中で少し変えたい部分が有ったので前回から少し変更してのオーダー。


コンセプト
リエントリーの際にパリッと返らないがカービング含めてターンしている感は好きだった5'9のSemiPro、少し走り出しが悪く、前に出ないといった感に不満もあった。
どちらかというとスタンスがバックフット寄りなので、ナチュラル向けの板でサイトでの推奨サイズより長めだと、ちょっと前を踏めないかな・・・と思うところもあったので、取回し易さを考えて1インチ短くした。
1インチ詰めることで大して浮力は落ちない、問題になる浮力ではなさそうだが、前に出て行かないところを鑑みて厚さを2 1/8→2 3/16に増やした。特にこの板でスケートライクなサーフィンをするつもりは無いが、頭半位の波でレールを使ったサーフィンができて、腰~胸サイズでも大きなラインでマニューバーできる様にならないかと、取回しと走り出しのバランスとその向上を考えて寸法を変えてみた。


"SemiPro 5'8"仕様
5'8 18.1/4 2.1/8 23.1
フィンボックス:3プラグ/Future
テール:スカッシュ


インプレッション
最初に乗った感じは浮力が増えた分か分からないが、5'9のものと比べるといくらかスケートライクに走れるようになったと思う。1インチの差異分取回し易くなったが相変わらずパキッとした返りは無くカービングに良い板という印象。そしてやはり誰が乗ってもそこそこ乗れる優等生的な板かな、といった感も変わらず。
昨年初めてSemiProを乗った時は感動にも似た感覚があった。今回は若干寸法をいじっただけだからといえばそうなるが、こんなもんかな・・・・といったレベル。
それはここ1年ちょっとの間にWizardSleeveとNewFlyerをオーダーしたのだが、それらの板に乗っている間に乗り手の方に変化があったことに他ならない。
WizardSleeveについては膝~腹程度の押しの無いコンディション用として作ったが、押しの弱い厚めなら胸くらいまではマジックボードよろしく乗ってしまっている。
NewFlyerは厚め膝~腹サイズの際にWizardSleeveよりアグレッシブな動きをしたい時に使うために作ったが、TRIセッティングでやや厚めの肩サイズまでは普通に乗ってしまうようになった。また、NewFlyerの返しが良い・楽といったレスポンスの良さに慣れてしまうとSemiProが鈍重になってしまって、そこそこ押しのある肩~頭サイズでないとSemiProの良さを感じなくなってしまったことから常用ボードとしてはNewFlyer>SemiProとなってしまった。


もちろん、肩~頭以上で厚くフェイスが柔らかいコンディションでない限りは、レスポンスの悪さも感じないし抜けが良すぎたりして安定を欠くといったこともないので良い板ですが、昨今のボードの傾向からするとちょっと物足りなさを感じています。
具体的には走り出し/スピードの乗り。WizardSleeveで厚めの肩サイズまで乗るようになったので余計に鈍重さを感じています。
腹~胸サイズでもボヨつき加減で押しが弱い厚めの波でWizardSleeveやNewFlyerと比べると、明らかに走り出しが悪く乗れる波も乗れません。何とか乗れてもスピードの乗りが悪くアクションへのアプローチに影響があります。あるシェイパーの方が、ターン/曲がる曲がらないはスピードに依ると言っていたのを思い出しますが、それを実感しました。
逆に腰サイズでもそこそこしっかりしたうねりで肩が出れば十分愉しめるので、小さ目の日でも捨てきれない悩ましさはありますが・・・。


もちろん、乗り手のスキルに依るところは重々承知。でもね、上手いサーファーは何乗っても上手いんですよ、ここはあくまでも一般サーファーの一般サーファー向けのインプなので。それに上手なサーファーでも、同じコンディションでこれだけ違うと、あっちがいい・こっちがいいとなるんじゃないかな。
前の5'9の時にはあまり感じなかったので、もしかすると「パフォーマンスボードだけにふにゃふにゃのビーチブレイクじゃね・・・」といったモデルの問題というより、純粋に個体の問題かもしれませんが、とにかく肩の出る波でないとイマイチ愉しくありません。

NewFlyer Sperm Whale