Feb,25 2007 Health&Surfing サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤26

果たして、昨日仙台へ。
一昨日の電話での話では、院長の診察により別の技法による手術を行う場合は別日程だが、前回12月と同じ手術をするのであれば出来ると聴いていた筈だが・・・。


診察の話は驚愕というか・・・
前3回やってきた接着法による手術ではまた再発する可能性が高い、サンドイッチ法という技法は接着法でうまく行かない人に対して施術した場合、再発率は5/1000程度(前日の電話での看護士談)だが俺の鼓膜は鼓膜そのものが薄いためサンドイッチ法は無理だとの事。
今回の穿孔は前回処置したすぐ脇、鼓膜の再生能力に問題があるようで放って置けば穿孔は再発-拡大を繰り返す恐れが有る。何らかの処置は必要だが決め手となる処置は無い。とりあえず再度接着法を行い様子を見る事にした。


看護士との電話でのやり取りにミスは有った、無処置で東京へ帰る事、そんな事はどうでも良い、鼓膜穿孔の完治が現状では見通し厳しいと言う事。


辛い宣告だよな・・・情け無いがメンタルはボロボロだ。


通常ならキチン膜で行う応急処置を、冷凍保存して有る自分の筋膜でやってくれた。穿孔が直径1m程度と極小さく、これなら一時的でも鼓膜が再生する筈だがこれで完全に張るようなら過去手術で再発はしていない筈との事だ。
一時凌ぎ、穿孔が小さい事からも2-3日経ったら耳栓して海へ行っても良いと言われた。ぬれる程度なら大丈夫らしいが・・・。
今まで幾つもの耳栓を試してみたが、胸以上のサイズではどれも水が入ってきた、周囲のサーファーに聞いても水が入ってこない耳栓は無いと。
この一件だけでは無いと思う、ちょっと仕事上からPC多用もしたし仕事上のストレスもあったのだが、目眩も復活してきた。


海はどこまでも遠いな・・・


自分を取り巻く環境から何から全てを併せて考えた・・・完全防水が出来る耳栓を探す事。
下を向いてもしょうがない、前を・・・向いて。

サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤25 サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤27