Feb,14 2008 Health&Surfing サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤30

今日は久々平日サーフィン、波は今一もトランジションなら上等な波。風が弱く、陽が良く差していて「小春日和」。


あぁ、気持ち良ぃ!


だが、入ってすぐに耳から落ちたのだが、以来耳栓の調子が悪くなった。一昨年はこれがかなり精神的に堪えたが、昨年からは微妙な違いが解るようになったから「まぁ、大丈夫」と腰~腹の鴨川・グランドの波をクルーズ&リップ。
しかし、徐々に聞こえが悪くなる、耳栓して「聞こえ」も何もねーだろと思われるだろうが、100%密閉ではないし、耳栓の奥でも聞こえはする。


小春日和とはいえクソ寒い中脂汗 (゜o゜;
「ちょっと耳栓の具合が悪いから直してくる」と上がったが、耳栓を取っても聞こえが悪い。「とっても嫌な」記憶が蘇る・・・「クソッ」。
陸で暫く「鼓膜が無事ならまだ波乗り」「病院行って確認してダメなら仙台」を繰り返す・・・。連れが上がってきた。
感覚としては90%アウト、ただ、空いた理由が腑に落ちない、波乗り中で浸水はしても腰~腹程度での事だ、だが、この「聞こえの悪さ」「耳閉感」は耳管開放のものではなく、穴でのもの・・・。


結局「医者行きたいから」といって帰路へ、連れには申し訳ないことをした。
ここは東京じゃない、帰路、「いつもの」耳鼻科に紹介されていた耳鼻科に連絡をするが、どうも休診のようだ、仕方ないので良い耳鼻科のリサーチをすると、3人が3人とも「良い」とする耳鼻科があったのでそこへ駆け込んだ。


初診やらなにやら申し込みから、看護士の問診を経て、診察まで2時間半を要したが何とかドクターまで辿り付いた。
看護士の問診だけでは不足と、医師にこれまでの「経緯」を話す。昨年3月の将監耳鼻科・湯浅先生の「外来手術において耳内法によるサンドイッチ法での鼓膜再生」には、「よくやるよ」と同じ耳鼻科専門医としても驚きを隠さない。
とりあえず、鼓膜をチェック、耳垢が鼓膜に張り付いているので除去。鼓膜に付いた耳垢を除去というのは過去、良い思いでが無いが、今回除去後に穴は確認されなかった・・・心なしか「聞こえ」が回復。


医師の話では、海水が入った事で耳垢が溶け、鼓膜に付着した事で聴力が落ちたのだろう、との事だ。未だ調子が戻りきらないのは、今、耳管機能が良くない事と、鼓膜が濡れている事から来るものであるから、1日~2日様子をみて、聴力・耳閉感に問題が有るようなら再診に、ただ、今後「術後の経過観察」「耳のケァ」という事で通われるなら、「良い状態」の時のデータが欲しいので、回復したら聴力検査に来るように言われた。
紹介された耳鼻科もあるが、「耳鼻科通」の俺からみて、ここも「良い耳鼻科」だ。土日も受け付けているからかなり便利で、生活パターン等から考えてどちらにするか考え所だ。

頚椎症 サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤31