Nov,21 2008 Current Affairs | Vibration Chinese Democracy is sweet?

あのAxelの裏声染みたVoが嫌いという方はスキップ。

明日11/22に17年振り、Gunsの新譜がリリースされる。
Slashを始め、AxelとDizzy以外旧メンバーのいないGunsなんて・・・・と、正直、思う。

こちらは『Appetite for distruction/Welcome to the jungle』のPV。今でも、全てのアーティストのアルバムの中でも五指だ。
勿論Liveだって行ったさ。Axelはキレキレで、俺が行った日は声もよく出ていて最高だった。

あれから随分と日が経った、『Use Your illusion』以来のオリジナルアルバムを心待ちにしながら、Off Springとかに嵌ったまま先細りになった。。。
何年も前だけど、ダフ屋が仕事になるのは、BonJoviかMetalicaかGuns等々ドームを満杯に出来るアーティストだけだと言ってた。様々なジャンルがクロスオーバーしながら多種多様な広がりが進む音楽の世界、数年Rockは下火の傾向で各チャート等の数字にも表れているが、個人的には雑種的なものが増えてRockたらんとするものが減ったからではないか・・・・そう思う。
そんな折2006年だったか?幕張や武道館で演ってるはずだけど、AxelとDizzy以外知らないメンバーで演る大好きな曲のLiveには複雑な心境からかあまり興味が湧かなかった。


こちらは2006年のLive。
何処のAxel?って、コピーバンドかと思った。
AxelとDizzy以外は全てのメンバーが変わった事は知っていたが、Axelが太ってキレも無い事から"本物"と気付くまで暫し時間が掛かった。

で、某サイトで新譜を試聴したのさ、1曲目を聞いてすぐ思ったのは、『Use Your illusion』の踏襲。オーケストラ(?)用いたのもNovemberRainと一緒だしね。でもGが変わってるからね、何となくSlashっぽさ残した?って気もするけど、G変わったってのはすぐ解るよね、俺はやっぱSlashの方が好きだ。ちょっと様式美系Gで、Gunsってパンキッシュなイメージ強いから混ざんない感じ。

で、どうかって?
『Appetite for distruction』はパンキッシュなのは勿論、スリリングな展開にこれ以上無いくらい嵌った。
『Use Your illusion』は良い意味でRockの枠を超えた感が有った。商いしてないで、好きに曲作って演ったって感じ?も良かった。

本作は良い曲も有る、でも、AxelのVoだからGunsだけど、今ひとつのめり込めないかも・・・・。

November Rain Day off and no surf