Dec,10 2016 Current Affairs 膝痛

そっちこっちで「膝が痛い」と書いているのでちょっと纏めときます。

元々、20代前半頃から水が溜ったりしていて、その頃既に「年取ったら歩けなくなる」、医師からそう宣告されていた。
だが、決して大事ではない、弱い痛みをたまに感じるくらいで、若い=回復力が高いことからも大して気にもせずにいたし、20代後半になり小波で小刻みな(?)アップスで長い距離を乗ると左膝外側・裏の筋が痛むようになってもほぼ放置状態。この筋は恐らく足底筋と思う、今でもランニングをすると1km持たずに痛んで走れなくなるが、当時の「歩けなくなる」という宣告も、たまにちょっと痛むくらいでは現実味がなかった。

今回の膝痛と足底筋と思しき筋の痛みの因果は不明だが、前駆じゃないけどそんな症状がある膝での出来事。

とっかかりはお盆、台風のうねりで肩~頭。やや深めの地形で割れる厚い波、そのショアブレイクでフィニッシュした際に少し膝を捻り「ピキっ」ときた。前足の内側靭帯に少々の痛みがあり、何よりお盆の混んだ海は避けようと、切り上げて安静にした。
接骨院では超音波など温める治療を受けたが、別の体のバランスを戻す接骨院で聞いた話から自宅でアイシングを行った。また、アイシング後にお湯(風呂)で温めるコントラストもやってみた。
その後のサーフィンではフロントサイドのリエントリーの際の返す動きや、当て込んだ時にバックウォッシュなどで下から突き上げられると痛みが強くなる程度。ただ、一時ドルフィンする際に膝をボードに押し当てるとやや強い痛みがでたので、半ズボンのウエットの時は古いウエットから切り取った膝周りをサポーターの代用として使用した。

程度でいえば軽傷なので、秋以降もたまに痛みを感じながらだましだまし波乗りしていたが、前足の膝は徐々に回復。一個目標だった大会もうまく過ごせて一安心。

でも、このころから、大会の疲れなんだろうけど、疲労感が酷くて胸~肩サイズでもゲットでゼーハーする状態。体全体重くて、ウォーキングなんかをさぼった。

その後、何をしたわけでもないのに、波乗り直後ビーチから駐車場へ歩き出したところ逆側/後ろ足の膝が痛みだした。
その時は帰宅後大した痛みも出ないのであまり気にせず、またまた次の休みに波乗りをしたのだが、時間と共に波待ち中に膝が痛み、曲げる動作でも痛みが出た。
これは拙いと思って静養に努めた。休みの日は寝てばっか。つまらないけど、大会での疲労を抜くのにもちょうどいいと考えて、兎に角休んだ。
1週間後、痛みが抜けてきたのでウォーキングを開始。歩き始めから足腰が半端なく重く、太ももは酷い疲労感。上り坂など本当にきつかった・・・・。
併せて接骨の先生に言われたスクワット、20回を2セット。何をしたら痛むというものが無く、ただ、時々痛む状態で割と負荷の高いスクワットは怖かったが、以前から時々やっていたからか、特にスクワットの影響と思しき痛みもなかった。
そしてまだ痛みが出るもののTwinFishを持って海へ。そんな日に限って無駄に波があって、北東風だから御宿。でも、小さいがレトロ系無用のショアブレイク中心のコンディション。ターンしてどの程度膝にくるか、ターンの練習からって目的だったがそれには適わなかった。それでも、なんとなく波乗りは出来るかなという感触は得られた。

そうして小波でWizardSleeve、腹~胸以上でFredRubbleと普段のペースに戻してきた。
もちろん、膝の痛みも日を追うごとに軽くなっている。
病院できっちり検査したわけじゃないから、どこがどのように悪いのか解らない。接骨の先生の話では太ももの前側の筋肉が硬くなっているから膝にくるって話だ。
坐骨神経痛による鼠径部の痛みと根っこは同じようだから、ずっと歩くことは止められないのだろうけど、それで波乗り続けられるなら、まぁいいか。

pick up garbage 本質と本性