May,29 2017 Current Affairs 休め・・・

もう10年以上前から、度々頸椎症って言われるものには悩んでる。
腕・手の痺れ・神経痛などが主だったが、ここ2~3年はそういったぎっくり的な症状ではなく、左肩がパンパンに張ってパドルがしんどくなる症状が慢性的に出るようになった。
暫くの間、出ても弱い症状で大きな問題は無かったのだが、ここ10日位でこれまでにないほど辛い状態になった。
今冬も1日か2日軽く症状が出る事はあったが、パドルの際に背中/胸を反らせ過ぎないようにパドルすることで、症状の発生を抑える事ができてた(と思う)。夏場より海に入っている時間は短いが、それでも波がそこそこで寒さをあまり感じないコンディションなら、1ラウンドしか入らなくても、4~5時間なんて日もざらだったから、総じて効果はあっただろう。

でも、10日ほど前に膝~腰の鹿島灘で2ラウンド、ここから重い症状が出たのだが、肩パンパンだし姿勢によっては二の腕に痺れも出る。痺れがでるのは軽いぎっくり状態かもしれない。
波の割に横のカレントが強く、ポジションキープが必要で波の割にパドルはしたが、ゲットにしんどいところはなかったから、オーバーワーク云々ではない。まぁ、昨秋辺りから"背中を反らせ過ぎないパドル"を心がけてはいたが、この日は押しの無い波を追うにがっつりパドルした、その余韻というかそのままに、ゲットもポジションキープもけっこう反ってた。
1ラウンドを終えた後、肩がけっこう張ってきてることに気が付いた。頸椎症からよく首を回してストレッチをするのだが、いつもより重いし硬いし(良くないのだが)首の関節が鳴らない=可動範囲が狭いことから同時に首回りも硬くなってることに気付いた。

そもそも、頸椎症といった症状が出るときはストレス過多で首から背中が硬くなっている時が殆どだから、ストレスの無い生活を送れば問題になる事ではないのかもしれない。
仕事はストレス満タンで、暫く波もイマイチでストレス減らない、おまけに故あって海には出たい。波乗りすればストレス減るけど超プアなコンディションではよろしくない。ストレス由来の凝りによるものなら運動での良化も見込めるが・・・・

敢えて、今は休め。色々と急ぐなら、休むのも早く休め。プアコンディションなのは「休め」ということだ。

間近の事はもうなる様にしかならない、体が言うことを聞かないならそれまでだ、そう開き直って、今日は"行けば何とかできるかもしれない"と思いつつも、波乗りはオフで。

サーフィンの価値 長い一日