Jun,24 2014 Current Affairs 窮地だが

後が無い日本、個人的な『たら』『れば』は幾つかあるが、明日のゲームに勝つため必要なのは明日どうするかだけだ。
GL通過の『生殺与奪』の半分は他者に委ねざるを得ないが、最低限残りの半分を得るために・・・勿論、常識的な確率からすれば到底敵い難いものだがどうすべきか考えてみた。


『一所懸命』といったメンタルはこれまでになく前向きとした上で...フォーメーション。


GK川島
経験値は一番だが今ひとつ不安定な面がある、今一つ前向きでないが・・・・・消去法で。


DF左から長友・森重・吉田・内田
CBは、例えばギリシャほど上背のないコロンビア、あらゆる機会を生かすと考える。例えばセットプレーを考慮すると上背がある方がベター、吉田と相方は今野に比べ対人に強く身体能力に秀でている点からも森重。SBの二人は欧州CL出場クラブでスタメンを張る=かなり世界レベル、ということでイレギュラーがない限りは揺るがない。攻撃参加を考慮してもこの二人。


ボランチは青山と本田
山口と青山にして本田はいつも通り前目とも思ったが、攻撃の舵取りができて縦に早く展開できる、人に強くキープ力がありボール奪取にも優れた人選でこの二人とした。
なでしこは澤をボランチに置いて勝ったが、同様の「ここ」というときの点に絡む攻撃参加と危険察知能力を本田にも求める。澤も本田同様攻撃の選手であってもスピードのあるタイプでは無かったが、二列目より幾分マークが緩くなる上にトップ下と縦の入れ替わりで前後の揺さぶりもできる。


二列目は左から柿谷・香川・岡崎
柿谷は元々トップの選手ではないので二列目左は問題ない。トラップの上手さや裏への抜け出し、香川とのコンビネーションで機会を作る、若しくは得点を期待。香川はキープ力こそ見込めないが、そこを後ろの本田に任せ本来得意とするポジションでその能力を最大限発揮して欲しい。シャヒンの代わりが本田ではちょっと役不足かもしれないが、ドルトムント時代を思えばやはり適所だと思う。右の岡崎は清武という選択もあったが今シーズンのニュルンベルクでの清武を思えばここは二の足を踏む。大久保はどうしてもと言うときジョーカー的に使いたいことからもスタメンは岡崎。トップでなく右ではマインツの様な得点は今ひとつ望むべくも無い気もするが、嗅覚などは秀でているので。


ワントップは大迫
ここまで無得点でシュート数からも今ひとつだが、頭も使えて足元もあってクラブでの調子も悪くなかった。海外経験から当りについても柿谷などより強いであろう事からスタメン1トップ。

願わくばコートジボワール戦のように先制して欲しい。
その上で昨日のオランダの様に攻めの守備から縦に速い攻撃で追加点を奪って打ち合いになっても上回って欲しい。

もし、ボランチを山口・青山にするなら二列目を香川・本田・岡崎としてワントップは柿谷。青山の縦への意識と柿谷の能力を併せたい。

Competition J-Bayと鵠沼