Jul,03 2018 Current Affairs 足りない何か

Embed from Getty Images 「危うい」そう考えたポーランド戦。
裏のゲームの結果如何ではGS敗退もあったが、結果は2位で抜けた。是非や意見は色々あれど、1-0での負けなら善しとした。大局を見ればありだが、「その時間」が長かったことと談合の様になってしまったことから、それまでの勢いなどを削がれないか心配にはなった。
結果から言えばGSは抜けたし、主力を何人か休ませられたので良かったかもしれない。ただ、勢い・流れを削いだか否かといった部分では、ベルギー戦でしか分からなかった。

果たしてベルギー戦、思う様にボールを持てて危ないシーンも少なく悪い展開ではなかった。
でも、乾による2点目が入っても不思議と勝てる気がしなかった。

何かが足りない、思うのではなく感じた。

次の1点を取った方が勝つのでは・・・と考えてた。
ベルギーの1点目は折り返しが入ってしまったという不運な部分があったが、「次の1点」を取ったベルギーに3点を失い敗退、ロシアでは開始早々に10人になったコロンビアに勝っただけとなった。

戦前、多くの識者を含む予想は3敗か1分け2敗が多かったから、「10人のコロンビア」といった以外は想定の内で、決して褒められた結果ではなかったと思う。
ただ、ポゼッションしてもコロンビア戦のPKを貰ったシーンの様に手数をかけないカウンターをしても、それと絡んだ守備も併せて日本が世界とどう戦うかの方向は見えた気がする。
後は勝ち切るための何かがあれば、8強も見えてくる気がした。
西野監督はロシア限りのようだが、アジアで勝ち世界伍すには流動的でアジリティーを活かした連携・連動、それに何より走る事が最低限必用だろう。

負けてもともとだし 夏 だしね、、、