Jun,25 2019 Current Affairs ブラジルからフランス

「何が悪くて何が良いか解らないくらいボコられる」
C代表と揶揄もされたが、多少何が良くて何が悪かったかは解った。ある意味予想以上の結果だね。ただ、決定力不足って言われる単純じゃないもの、詰められるか詰められないかを深く理解するには、采配が足を引っ張った、これも解ったもののひとつだけどね。

さて、今朝はウルグアイに分けたことと最終節がFIFAランク60のエクアドルだったことで予選突破のチャンスを得た。
でも結果は負け(通らなかった意味で)。
FIFAランクなんてあてにならない、そこを考えても伍す以上の結果が得られたかもしれない。
U-20、トゥーロン、コパ、招集に難ありとは言えどれも中途半端で、エクアドル戦は予選突破に色気を出したものの、オープンな展開にされて勝機を逸した。
スタメンはともかく、勝負どころのカードの切り方が遅いしやっぱりどこか采配が意味不明。

Embed from Getty Images で、明朝のなでしこ。
ここまでの3年、高倉さんの下でも連携・連動が良いゲームが無かったわけではない。
選手任せの行きあたりばったり(言わんでも解るが、選手任せってイングランド戦後言ったからな)采配で"ムラ"が出るのは当たり前。
上手くかみ合えばと神頼みするが、尽くす人事はある筈。
どの道フィジカルで劣るなら経験値で補完するしかないから、ボランチを宇津木・坂口にしまた、守備をバックライン任せにするのではなく、前から守備をしなければ勝機はない。
杉田も三浦も足元はあるが、負ければ終わりのノックアウトステージで欧州勢の中でも特に速いオランダ相手にこの二人はきつい。抜かれない、出させないために必要なのは経験。

さぁ、果たしてどんなメンバー・スタメンできてどんな風にゲームを造り動かすか、俺のこのくだらないもの言いを地の底に貶める采配をして期待して止まないよ。
このゲームはリオ予選の中国戦と等しいかそれ以上、コンテンツとしてのなでしこが終われば4年後どころか1年後でさえ世界にはもっと差を付けられる。

山根のことを前に書いたが、スペインにはけっこう日本人選手がいるんだよ。彼女達は高倉さんに呼ばれたことはない、なでしこ2部の選手を呼ぶならリーガの選手を呼ぶのも道理じゃないか?ラ・リーガはプロリーグだよ(なでしこリーグはアマチュア主体だもんな)、海外という日本より厳しい環境でプロ意識を持って頑張る彼女達、足元はU17U20優勝メンバーの方が上かもしれないが、経験となによりなでしこに必要な挑戦する諦めない気持ちは上な気がする。

こうした選手たちも具に読み取り試す、そんな協会・指揮官ならまた強いなでしこをつくれるかもね。

unlogical でも、また咲くよ