Nov,13 2017 Life In Surfing 弱り目に祟り目

"弱り目に祟り目"昨日の大会、surfreportではイチコケと書いたが、クラス分け戦で上のクラスに行けなかったのでそう書いたわけで、実際は都合3ヒートやっていた。
下のクラスは去年アダルトクラスと共に勝っていたし、一番上で勝つことしか考えてなかったから上に行けなきゃ"イチコケ"なのだ。
で、気持ちとは別に"続き"はあったわけだが、下のクラスでラウンドワン、マキシマムに1本足らないだけ数乗ったし切れた波にもありつけて5人の2アップを1抜け。
ラウンドワンが狭き門だったせいか次がセミファイナル、そのヒート前に腰をピリッとやってしまって、左のソケイ部が痛い。歩くだけでも響くが酷くはないのでそのまま出場、違和感と痛みのせいではないが、2本しか乗れずうち1本はダンパーにテイクオフしただけで敢え無く敗退。気持ち的にイチコケだったからどうでもいいっちゃいいのだが、下のクラスで負けるのは良い気しないな。まぁ下のクラスって言っても、いわゆる"やらかした"系の乗れず負けのおよそNSA2級レベルも混じるから、ラウンドが進めばそれなりのレベルのヒートになることもあるのだけどね。

負けちゃって(イチコケです)"あ~ぁ"って気分のところに、軽いぎっくり状態。
右のソケイ部は坐骨神経痛からくる痛みがあるが最近は適当につきあってる。でも、左は初めてで、やや神経痛的な重さ・痛みがあって帰宅後は痛くて腰を曲げられない。

しばしNoSurf入りかもしれない、弱り目に祟り目だ。

死生観 跛行