Jun,27 2008 Mind | Vibration Sweet Child O' Mine

20年位前のGun'sの曲。
今でもカラオケで歌うし、置物と化していたエレキで練習もしてる。

今だってAxelとSlash他旧メンバーとの不仲とか言われているが、往時はそんなものではなく、音楽性や楽曲云々はそっちのけでAxelRoseの悪さ(?)やゴシップとか・・・・・・そんなものばかりが取り沙汰されていた。
だが、そんなものは有名税とか言われる『上辺』だけクローズアップされた、虚像に過ぎない。

そんな、マスコミに仕立てられた『悪さ』と相反する曲・・・・・何気に弾いたSlashのフレーズにAxelが詩をつけたというが、いや、ロックっていう不良っぽいイメージじゃなくて、本当に真っ直ぐな意。
大人ということに抗らう、上辺の悪さを取り除いた、ガキの心情だ。

独特なSlashのギターから始まるIntro、このPV見てレスポールが欲しいって思ったっけ。
今だってこの曲のギターをレクチャーするYouTubeが多いし、Gun'sの曲は多くYouTubeで見られる。
俗に言う二昔・・・・関系ないじゃん?良い物は良いし、好きなもンは好きで。取り繕った物言いや態度はやめようぜ。

陶酔のEddie Without You