Nov,05 2018 Mind | Vibration 浄化

本意ではないけど、負けちゃ終わりだからその狭間。
クラス分け戦から2・1・2・2・2位・・・・普段の縦のサーフィン、ラインの大きなカーヴとかを意識せず、とりまスコア纏めて上がれるサーフィンに拘った結果。
そりゃ波次第で普段のサーフィンそのままってのもあるけど、時間によっちゃ膝~腿から腰~腹の厚目でうねりへ戻り勝ちだもの、無理に縦のリエントリーなんてしないでコンプリート優先のサーフィン。

果たして、面白かったかというと面白く無い。
Runner-up=2位だから勝ちきれなくて悔しいかっていうと悔しく無いし、2位だから嬉しいかっていうと嬉しく無い。
まぁね、ファイナルは膝~腿のダンピーかうねりへ戻る波ばっかって中で、とりま軽い1アクション2本纏めただけだから、2位でもラッキーっちゃラッキーだけど、やっぱりもう少しサーフィンって感じのライディングをしたかった。

で、いつもの休日である今日、朝から風入ってて狙ってた和田がアウトだったけれど鴨川で愉しめた。
そんな良い波乗りまくれたわけじゃない、適当にセット間あってその中で善し悪しとポジション、人もまぁまぁ入っていたから多くは乗れない。
でも、フルボトムからのリエントリー、テール回すフィニッシュにカーヴしたりカットバックしたり、昨日できなかった"モヤモヤ"が晴れた。

BGはJourneyによる70'の曲。
Steave Perry加入後のJourneyらしくない(Frontiersはハードだし、元はプログレ・ハードだけどね)プログレ・ハードっぽい曲で、個人的な嗜好でだが聴いた後は心にある重い物が少し軽くなった様に感じる。
生きて行くってことは面倒なこともある、清濁併せ呑むってことになるんだろうけど、色々な「清」を持っていた方が人生は愉しかろう。

runner-up kakkou ii